インタビュー

新卒デザイナーに聞く 〜HTMLやCSSはどうやって覚えるの?〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOペパボへ新卒で入った仲間へのインタビュー。今回は、『グーペ』で働く2人のデザイナーに、最近のお仕事とWebデザイナーに欠かせないHTMLやCSSについてどうやって覚えたのかを聞いてみました。

神尾 千波(かみお ちなみ)
@chinu_t
あだ名:ちーちゃん
1992年生まれ。新卒5期生(2015年入社)
グーペ』のデザイナー。
最近ハマっていることは、NewsPicksを読むこと。

白石 翼(しらいしつばさ)
@tsubasa_sris
あだ名:つばさ
1994年生まれ。新卒7期生(2017年入社)
グーペ』のデザイナー。
最近ハマっていることは、牛丼に大量の七味をかけて食べること。

最近のお仕事を教えて!

ー 2人はグーペで、どんな仕事をしているの?

ちーちゃん: わたしは先輩のまるさん(@maruyanma)と2人で「最適化チーム」としてデザインを担当しています。

ー 最適化…?

ちーちゃん: グーペには「事業を成長させたい個人事業主の力となるため、かんたんで、親しみやすいホームページ作成サービスを提供する」というサービスのミッションがあるんですけど、その理想の状態と今のサービスのイメージや使いごこちとの乖離を少なくするために、UIUXのデザインをしています。

グーペの公式サイト。

ー すごく重大なお仕事だね。

ちーちゃん: そうですね。ブランドの方向性を舵取る仕事なので、なかなか大変です。(笑)

ー お仕事は、楽しい?

ちーちゃん: 楽しいです、めちゃくちゃ。

ー つばさくんは何をしてるの?

つばさくん: 僕は、2019年の新卒採用サイトをデザインしたり、今年の1月からは、グーペの新しいプロジェクトでメインのデザイナーをやっています。

2019年の新卒採用サイト。TOPページのデザインは、つばさくんが担当。デザインの過程はこちらの記事をチェック


ー 新しいプロジェクト!

つばさくん: 内容はまだ内緒なんですけど、同期のエンジニア・しずちゃん(@nahc_uzihs)と2人で進めています。

ー まだ1年目なのにすごいな〜! 仕事は順調?

つばさくん: はい。今やっと全体像が見えてきたので、あとはひたすら決まった内容をつめていくフェーズです。

どうやってHTMLやCSSを覚えたの?

ー ところで、2人は見た目や設計を考えるだけじゃなくて、コードも書いているの…?

ちーちゃん: そうですね。

ー すごいな…入社したときからHTMLやCSSを書けたの?

ちーちゃん: わたしは入社前ほとんど書けなかったです。だけどデザイナー研修で少しずつ宿題をだしてもらって、覚えていきました。

ー へ〜。最初は宿題をもらって覚えていくんだ。

ちーちゃん: はい。書いたコードを先輩デザイナーさんに確認してもらって、わからないときはていねいに原理から教えてもらって。研修で基礎を覚えたら、あとは実務でちょっとずつ覚えていく。

ー なるほど。ちーちゃんは、コードを書くのは好き?

ちーちゃん: 好きですね。もともとビジュアル表現が苦手だったので、逆にHTMLやCSSのような設計作業が好きになりました。コードを書いて、だんだんとWebサイトがかたちづくられていくっていう過程もすごく好きです。

ー 自然と好きになるものなのか〜! つばさくんは…?

つばさくん: 僕も好きですね。どうやったら効率的になるか設計から考えるのがおもしろいです。実は、入社前からオンラインスクールでCSSを勉強していたんですけど…

ー えっ、じゃあCSSを書くのは得意なのでは。

つばさくん: いえいえ、得意ではないんです。なんとなく書くことはできたんですけど、研修を受けたらもっと深いところを知りたくなりましたし。最近は『CSS設計の教科書』をちーちゃんさんと読んで勉強していました。

ー 2人で読書会をしていたんだ。

ちーちゃん: はい。つばさくんが読書をはじめると聞いて、いい機会だから一緒に読もうと思って、わたしから声をかけました。

読み合わせした内容をGitHubできれいにまとめている!


ー どれくらいかけてやったの?

週に1回、10月から5カ月間にわたって勉強しました。

ー 勉強したことは、実務にも活きてる?

つばさくん: そうですね。サービスの長い歴史の中でいろんな人がCSSを書いているので、複雑で再利用しにくいところがあったり、メンテナンス性が低いところがあるので、それをどう解決したらいいか考えられるようになりました。

最後まできちんとやりきっている!

「もっとおもしろく」ってなんだろう

ー 入社前のペパボ のイメージはどうだった?

つばさくん: 他の会社とパートナーさんの雰囲気が全然ちがいましたね。

ー 雰囲気…? こういうゆるい雰囲気の会社、他にもありそうだけど…?

つばさくん: なんて言ったらいいんだろう、ゆるいとはちがって…パートナーさんがいきいきしてる。面接もすごく楽しかったんですよ。

ー 面接が楽しい…!

つばさくん: みなさん仕事を楽しむことをすごく意識されていて、今のプロジェクトで大変なときも上司や先輩方が「楽しんでやってる?」って声をかけてくださって。

ー 声をかけられるんだ。

つばさくん: はい。声をかけてもらうことで、積極的に意見できたり、視点が広がったり。大変なときには気が楽になったり。みんなが意識して仲間を思いやって楽しめる環境をつくることが、ペパボの「もっとおもしろくできる」につながるのかなって考えるようになりました。

ー なるほど〜。当たり前のようにやっていたけど、たしかに仕事を楽しむことを大事にしているかもしれない。ちーちゃんは、入社する前の会社のイメージはどうだった?

ちーちゃん: わたしは「ペパボ=おもしろい会社」のイメージでしたね。新卒採用説明会も行ったし、バレンタインのダムを見守る動画配信企画もリアルタイムで観ていたので。

ー じゃあ、そういうバズっぽい「おもしろさ」を期待して入社した?

ちーちゃん: そうですね。仕事としてユニークな企画が実現できるのは魅力的だなと感じていました。でも入社してみたら、わりとまじめな会社で…そのまじめさも大好きなんですけど。(笑)

ー そっか。(笑) 会社の理念「もっとおもしろく」ってどういうことだと思う?

ちーちゃん: 会社やサービスの好きなところをまわりへ広げていって、そこから一歩踏み込んで、ファンになってもらうにはどうしたらいいんだろう? と突き詰めることじゃないでしょうか。バズらせる技術もすごいけど、それは一過性のもので、長い目で愛される存在になるための「遊びの部分」をつくることかなと思ってます。

ー なるほど。ふたりがデザインで広げていく「もっとおもしろくできる」、これからも楽しみにしています!

わたしたちと一緒に働いてみませんか?

ペパボでは新しい仲間を積極的に募集しています! 募集職種など以下のページでぜひチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加