レポート

同僚4人で戦場行ったら絆が深まった ~『PUBG MOBILE 企業対抗戦 2019』参戦レポート~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOペパボは、今年からeスポーツの活性化を目的として、計10チームのeスポーツチームを支援しています。ペパボ社内にはゲーム好きのパートナーが多く、お昼休みや終業後にゲームを楽しんでいる光景を見かけることも少なくなく、eスポーツ支援開始をきっかけにペパボeスポーツ部としての活動を始めました。
そんな私たちが「支援している選手のみなさんの気持ちを自分たちも少しでも理解したい!何よりPUBGが大好きだ!!」という気持ちで参加した初めてのeスポーツ大会が、5月11日(土)に都内で行われた『PUBG MOBILE 企業対抗戦 2019』です。

参加して分かる大会の緊張感!一緒に戦って生まれる連帯感!48社が一堂に会した当日の模様をレポートします。

年齢、役職バラバラの混成チームが爆誕!

今回大会で対戦するPUBG MOBILEとは、モバイル端末専用のバトルロイヤルゲームです。100人が一斉に同じ戦場に降り立ち、生き残った最後の1人が所属するSQUAD(4人チーム)が勝利というルールで、4人全員が連携して、誰か1人でも生き残ることが重要です。
今回、ペパボの名前を背負って出場したい!と名乗り出てくれた猛者はペパボeスポーツ部のこの4人。

写真右から

左右田 周斗(そうだ しゅうと)
チームリーダーはカラーミーショップ担当のしゅーと部長。過去にゲームセンターの店長経験があり幅広いタイトルに造詣が深く、ペパボeスポーツ部の頼れる部長です。

河添 寛(かわぞえ ひろし)
内部監査室セキュリティ監査チーム マネージャーのヒロシさん。ゲームとアイドルにめちゃくちゃ詳しい。「このゲームをプレイしているアイドルは?」と訊くとだいたい答えてくれます。

吉林 美貴(よしばやし みき)
そして今回唯一の女性選手となったカラーミーショップ担当のおみきちゃん。スマホをひとたび持てば社内で随一の腕前のエースなのです。油断していたら確実に頭を撃ち抜かれます。

河添 理(かわぞえ おさむ)
取締役。仕事以外の時間は睡眠とゲームに費やしていると豪語するガチゲーマーのオサムさん。実はヒロシさんと双子の兄弟で、特に声がそっくり。笑い声はほぼ同一人物レベルです。

職種も役職もバラバラなので、普段はこの4人が一緒に仕事をすることはありません。しかし、PUBGというゲームの中ではまぎれもなく固い絆で結ばれたチームなのです。
たとえば、おみきちゃんやしゅーと部長が、業務中に取締役のおさむさんにお茶を淹れることは現実世界では決してありませんが、ゲームの中ではそっとエナジードリンク(回復アイテム)を差し出します。
ゲームの舞台は戦場ですが、そこには優しい世界が広がっていました。

大会参加中のひとコマ。年齢や役職を越えたフラットな雰囲気がありました。

会社の人同士、ガチでゲームするとどんなことが起こる?

そもそも、社内の人とゲームってどこで、いつやるの?と素朴な疑問が湧いてきたので、まずは練習風景を覗いてみました。毎週決まった曜日に、ランチの時間を利用して練習しているのだそうです。昼活ですね!

これが昼活風景。社内には大人数でゲームがプレイできる広い個室がないため、社長室を間借りして活動しています。(使用面積的には間借りというより占拠に近い気も・・・。)
年齢も社歴も所属部署も職種もバラバラで、仕事ではあまり接点のないパートナー同士がとにかくみんな楽しそうで、その光景を見ているほうも楽しくなる昼活風景でした。
昼活のほかにも、終業後に集まって楽しんだり、帰宅後オンラインで練習したりもしているそうです。大会メンバーは、帰宅後に同じ時間にゲームにログインしてボイスチャットを繋ぎ、4人で練習に励んできたんだそうです。みんな本気だ!!!!

でも、そこでひとつの疑問が湧きました。

双子であるオサムさんとヒロシさんの酷似している話し声を、他の2人はボイスチャット越しに判別できるのか?
PUBGにおいて声での連携はとても重要で、「こっちに良い武器あるよ」「後ろから足音が聞こえた!」といった情報交換を逐一行いながらプレイします。
2人の声が判別できなくて、「こっちってどっちやねん!」「どっちの後ろのことや!」と、混乱しないのか?と心配になりました。
おみきちゃんに「2人の声、区別できます?」とストレートに疑問をぶつけたところ・・・

「最初はどっちの声か全くわからなかったんですが、練習を重ねるうちに今では完全にどっちの声か、わかるようになりました。」

とのこと。すごすぎる!!!会社の人とガチでゲームすると、親睦が深まりすぎて双子の声までも区別できるようになる!ということがわかりました。

いざ!企業のプライドを賭けた決戦の地へ!

こうして迎えた大会当日。全員張り切りすぎて、会場オープンの30分以上前に会場に着きました。

全員、この笑顔!初めての大会も楽しそうです。 気合い十分で予選に臨みました!!!

結果・・・負けました。

序盤で同じ建物にペパボを含む3チームが侵入し、出くわしたところで激しい銃撃戦となり、見事撃ち勝ったもののその場で2人が脱落。残った2人で善戦しましたが、4名残っているチームにはやはり勝つことができず、 悔しい結果となりました。
残念ながら決勝に進めず。違う予選組を観戦しながら、「うわー・・・悔しい・・・」と小さな声が漏れるメンバー。

悔しがりながらも、同僚が録画してくれていた中継動画をみながら、すぐにプチ反省会。みんな本当にPUBGが大好きなんだなあ。

得たものは勝利ではなく、多くの繋がりだった

かくして予選で敗退してしまった私たちペパボでしたが、4人は次回も絶対出る!とやる気十分。結束は固くなりました。

大会終了後には一緒に戦った他企業のみなさんとお互いに健闘を称え、「交流戦やりましょう!」と固く約束しました。この繋がりだけでも企業対抗戦、参戦してよかったなと思えました。

当日は、プロの試合でも活躍するシンイチロォさん・MrYoppyさん・abaraさんの最強実況解説陣による実況や、主催のPUBG Corporation、運営のJCGによる完璧な会場運営で、私たち出場者は全力で楽しみ切ることができました!

本当にありがとうございました!!!

同僚ともっと仲良くなりたいなあ、スタッフ同士のリレーションを深めたいなあ、と考えている企業や社会人のみなさん、みんなでゲームはアリです!社会人同士のゲームコミュニケーション、全力でおすすめします!

ペパボeスポーツ部では、あらゆるゲームで交流してくださるみなさんをお待ちしております。各社のみなさま、どうぞよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加