レポート

GMOグループアワード2019が開催されました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOインターネットグループでは、 1年間で最も活躍した仲間たちを讃えるグループ最大級のセレモニー「GMOインターネットグループアワード」を毎年開催しています。
今年も2018年4月1日から2019年3月31日の間に各社で活躍された仲間たちのノミネートされ、2019年6月5日に 「グループアワード2019」授賞式 が開催されました。
ノミネート部門・各賞については新人賞、個人賞、プロジェクト賞から構成され、ノミネート後、GMOインターネットグループ全パートナーが投票を行い最優秀賞が決まります。

ノミネート者一覧

今年度ペパボからは、新人賞に3名、個人賞に5名、プロジェクト賞に1プロジェクトがノミネートされました。

新人賞

創る人 :森田浩平(もりたこうへい)


新卒入社1年目でシニアエンジニアに昇格。入社直後よりペパボ全体のセキュリティインシデントの対策実施や、ペパボサービスの脆弱性の洗出しと修正を行うなど、セキュリティ関連のあらゆる課題に対して組織をリードしながら解決まで導きました。また、Webセキュリティ分野における突出した技術力と知識量を活かし、社内においてはセキュリティ教育ツールの開発と研修を実施、社外においてはセキュリティイベントの講師を務めるなどの高いアウトプットを行い、新卒1年目にしてWeb業界全体のセキュリティ教育における牽引役として活躍しています。

守る人:山本 有紀(やまもと ゆき)

前年度に「新人賞・守る人」を受賞したパートナーを凌ぐスピードで業務を習得。研修中には業務マニュアルの改修を通じチームオペレーションの効率化を実現した結果、問い合わせのレスポンスタイムを削減するなど、持ち前の行動力で誰よりも大きな成長を遂げています。また、福岡の企業横断CSコミュニティ「CS City Fukuoka」では、新人にも関わらず企画段階から携わり、現在はコミュニティ運用にかかせない存在となっています。登壇イベントの参加企業数は17社から25社に増加、1回の開催で70名超の参加者を集めるという実績を残すなど、CSの領域を超えた活躍を見せています。

売る人:浅井 亜美(あさい あみ)

ドメイン取得サービス「ムームードメイン」のディレクターとして、主にJPRSの汎用JP販売促進キャンペーンを担当。件数目標112%達成、さらに登録促進費においても過去最高の成果を上げ、通期利益達成に大きく貢献しました。また2019年からはレンタルサーバー「ロリポップ!」を担当し、ムームードメイン経由のロリポップ!申込強化施策においては、今年の累積会員純増に寄与する施策を提案・実施し、ドメイン新規取得者に対する同時申し込み率を改善し、短期間でホスティングサービスを横断する活躍を見せています。

個人賞

エンジニア賞:近藤 宇智朗(こんどう うちお)

ペパボでの活躍はもちろんのこと、社外においてもfukuoka.rbを初めとするRubyコミュニティへの貢献や、国内のコンテナ技術における技術領域のスペシャリストの一人として旺盛なアウトプットを行い、GMOインターネットグループのプレゼンス向上に大きく貢献しています。氏の実装したhaconiwaというコンテナ・ランタイムは世界的に利用されている開発プラットフォームにおいて高い評価を得ており、多くの開発者に影響を与えています。また、その技術の高さが認められ、第9回フクオカRuby大賞において最高位にあたる大賞・福岡県知事賞を受賞しています。このように技術を持って国内外に影響を与え、コミュニティを巻き込む力、事業を差別化する力を高い水準で有する氏は、GMOグループアワードにふさわしいと考えます。

クリエイター賞: 川上 静香 (かわかみ しずか)

全社的な組織横断によるデザインの底上げを担うデザイン戦略チームのメンバーとして、ペパボのプレゼンスをデザイン面から向上させています。渋谷のIT企業25社の参加したデザインのフェスティバルイベント「 Design Scramble 2018」では、プロジェクトリーダーとして企画・運営を推進し、来場者数500名・人気プログラムランキング No.1を達成しました。また、ペパボ採用サイトのリニューアルにおいてはプロジェクトリーダー兼主担当として、要件定義、全体設計、社外パートナーとのやりとり、デザイン、コーディング等を担当した結果、リニューアル後のエンジニア数は昨年比より純増し、採用数に寄与しました。

プランニング賞:長峰 健太(ながみね けんた)

SUZURIのプランナーとして、商品企画、クリエイター誘致、SNSプロモーションを担当。2018年のSUZURIの成長に大きく貢献しました。夏のTシャツセールの実施や、商品企画を手がけた「コーチジャケット」は市場のトレンドをキャッチアップ発売1ヶ月で大きな売り上げを作り、さらに「アクリルブロック」「吸着ターポリン」は、競合サービスにはないクリエイティビティを刺激するアイテムとしてSNSで話題となり、Twitter日本のトレンド入りを果たすなどSUZURIの認知拡大にも寄与したことを高く評価し、推薦します。

サポート賞:大久保 愛(おおくぼ あい)

CSのサブマネージャーとして、複数サービス(ロリポップ!、ムームードメイン、ヘテムル、おさいぽ!)のCSとメンバーの支援に従事。CS組織のプロフィットセンター化では社外を含む関係各所との調整をメインで担当し、「設定おまかせサポート」「HP制作サービス」の円滑なリリースに大きく貢献しました。また、丁寧なラインケアを実践することで、離職率を改善。結果、CS部門全体の対応件数生産性を117%向上させる結果を生み出しました。これらの点を高く評価し、推薦いたします。

コーポレート賞:福場 麻美(ふくば あさみ)

採用担当として、採用及び採用を通じた広報活動に貢献しています。2018年4月に行われた新卒向け大規模会社説明会では初のプロジェクトリーダーを務め、100名超の学生を動員。Twitterでの「#ペパボ新卒」トレンドワード1位を開演早々20分足らずで獲得し、終演後もSNS上で話題が続くなど、GMOインターネットグループの認知拡大に貢献いたしました。また、インターンシップや採用イベント等で早期アプローチの強化に務め、3月1日の本選考開始前に接触できた学生数は前年同期比:9.6倍、内定者承諾者数も昨年を大幅に上回る結果を導きました。

プロジェクト賞

インフラ部門:デザインスクランブルチーム

DeNA社が主催する在渋谷IT企業25社によるデザインおよびクリエイティブに関するイベント「 Design Scramble 2018」において、ペパボがこれまで手がけてきた多数のデザインワークから6つを厳選した『デザインプロセス展』を開催し、ペパボのデザインおよびクリエイティブに関するプレゼンスを大きく向上させることができました。会期中は来場者数約500名、人気プログラムランキング:展示系でNo.1を達成したほか、1月にはグループパートナー向けにシナジーカフェ GMO Yoursでの再展示を、そして3月には株主様向けにペパボ株主総会での再展示を実施し、当社のコーポレートとしての活動や、ひいては、GMOインターネットグループ全体のデザインおよびクリエイティブの底上げやプレゼンス向上につながったと考えます。

その他ノミネート

プロジェクト賞にて、 GMOクリエイターズネットワーク株式会社の制作事業部編集チームと、フリーナンス立ち上げチーム。またペパボパートナーも所属する、GMO DJ部もノミネートされました!

授賞式&レポート

セルリアンタワーのボールルームにて開催されたアワード

受賞者と応援団のメンバーが会場に集まり、授賞式の様子はライブ配信もおこなわれました!

まずは新人賞の発表

まずは創る人でもりたこが3位に!

続いて、守る人ではもっちゃんがなんと1位に輝きました!

売る人では、ちゃんみあが3位に入り新人賞にノミネートされた3人は全員ステージへ!

表彰状とトロフィー、賞金が贈られます。

受賞スピーチ

もっちゃん最優秀賞おめでとうございます!

続いて個人賞の発表!

エンジニア部門賞では、うづらさんが2位に!

コーポレート部門賞では、あちゃが最優秀賞の1位に輝きました!

プレゼンターのケンタロさんから賞状が授与されます!

昨年度、デザイナー部門賞1位のモニカさんとケンタロさんの3人でのフォトセッション

改めて、うづらさん、あちゃおめでとうございます!

最後はプロジェクト賞!

サヤさんが部長を務める、GMO DJ部が見事プロジェクト賞を受賞しました!

授賞式後、オフィスで祝賀会

授賞式後は、ペパボのオフィスで祝賀会を開催しました!

来年もペパボからたくさんのパートナーがアワードにノミネートされて、グループを盛り上げて行けるように頑張ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加