レポート

福岡在住のクリエイターがアビスパ福岡の公認グッズを制作する取り組み 『Avispa F.C. < Fukuoka Creators >』企画から展示会開催までの裏側を大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。福岡オフィス コネクタ くろっぷ です。アビスパ福岡の公認グッズを制作し、「SUZURI」内のアビスパ福岡公認グッズショップにて販売する取り組み『Avispa F.C. < Fukuoka Creators >』を企画しました。本企画ではコネクタとして、「SUZURI」とJ2リーグ所属のサッカークラブ アビスパ福岡、福岡在住のクリエイターをつなげることで、アビスパ福岡と参加クリエイターの新たな可能性を広げることに一役買いました。

今回は、本企画の背景や工程、10月19日(土)にレベルファイブ スタジアム内で行われた作品展示会の様子についてお伝えします。

アビスパ福岡をもっと盛り上げたい

ペパボは2012年から、サポートカンパニーとしてアビスパ福岡を支援しており、チーム広報ブログへの「JUGEM」の提供や、「minne」とコラボレーションした応援グッズのプレゼント企画ホームゲームで行うなど様々な形で支援を行ってきました。

表現活動を支援する会社だからこそ生まれた企画

ペパボは、表現活動を支援する会社として圧倒的No.1を目指しています。これまでにも「minne」での作家支援や「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019」とコラボし、クリエイターが制作したコラボグッズの販売など表現活動を支援する取り組みを行ってきました。ぼくは以前から、ペパボ創業の地福岡で、クリエイターを支援するにはどうしたらいいかと考えていました。また、アビスパ福岡についても、個人的にサポーターをしているということもあり、何か新しい支援ができないかと思っていました。様々な案を考えた結果、「SUZURI」をハブに、アビスパ福岡と福岡のクリエイターをコネクトすることで、新しい価値が産まれるのではないかという考えに至りました。

最高のイレブン「Avispa F.C.」誕生

まずは、本企画を、サッカーのイラストをInstagramに投稿していることで有名なイラストレーター hiroki.38さんに相談し、賛同いただきました。

そして、hiroki.38さんのお声がけで、福岡で活躍しているクリエイターの方々にお集まりいただき、さらにペパボのデザイナーと「ロリポップ!for Education」で提携している日本デザイナー学院九州校の学生を加えた11名(イレブン)によるチーム「Avispa F.C.」が誕生しました。

デザインを制作するにあたり、クリエーターの皆さんにイメージを持ってもらうため、8月のホームゲームにご招待し、テレビでは味わうことができないスタジアムの雰囲気や、販売している公式グッズなどを実際に見ていただきました。

こうして出来上がったグッズがこちらです。クリエイターの方々の個性が出ているグッズが完成しました。

ホームゲームで展示会を開催

10月19日(土)に行われたホームゲームで、クリエイターのみなさんが制作したグッズを実際にご覧いただける展示会を開催しました。

展示会会場のディスプレイは、クリエイターのみなさんとアイデアを出し合い、Tシャツを展示するための人形を手作りするなど、協力して設営を行いました。 クリエイターのみなさんのプロフェッショナルな仕事により、クオリティの高いディスプレイが完成しました。

その結果、約400名のサポーターが展示会会場に来場。「こういうグッズがほしかった」「このデザインかわいい~!」「このデザインのマグカップがほしい」など、見ていいただいた方の反応は上々。その場で「SUZURI」内のアビスパ福岡公認グッズショップから購入している方もいました。

サポーターのみなさんの笑顔を見て、 やってよかったなと心から思いました。

今回作成した公式グッズは11月30日(土)20時まで、「SUZURI」内のアビスパ福岡公認グッズショップにて販売しています。

また、Twitterなどでも情報発信していますので、ぜひご覧ください。

「Avispa F.C. < Fukuoka Creators >」アビスパ福岡公認グッズ

・「SUZURI」内 アビスパ福岡公認グッズショップ
https://suzuri.jp/avispafc/

・Twitter
https://twitter.com/avispa_c/

Instagram
https://instagram.com/avispa_fc/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加